シンプル・爽やか

一人暮らしに最適!3WAYの使い方ができるソファーベッドで作るインテリア

硬質!バランス・ソファーベッド

一人暮らしに最適!3WAYの使い方ができるソファーベッドで作るインテリア

一人暮らしの課題のひとつでもあるのが、スペースとの戦い。

休日を過ごしたり、ゆったりとくつろぐ週末を過ごすお部屋の使い方はやはり大事です。

ソファーベッドとまではいかなくても、簡単な折りたたみ式のマットレスで作れるソファーがあります。

ソファーベットの購入を考えている方は参考になりますよ。

続きを読む

ハンドメイドの雰囲気を取り入れたインテリア例

DIY風のインテリア

ハンドメイド感溢れるDIY風のインテリア

ハンドメイドのDIY風の家具は既成の家具にはない独特の風合いや雰囲気があって、お部屋に置くと素敵なアクセントになりますね。

キレイすぎず素材感をそのまま使っているところが、DIY風の家具が素敵になるポイントです。

続きを読む

ソファーだけでお部屋が変わる!カバーリングソファーの魅力

お部屋の雰囲気を簡単に変えれるカバーリングソファー

季節によってお部屋の模様替えをしたくなることがありますね。

たとえば春夏爽やかな雰囲気のお部屋と、秋冬の暖かさを感じるお部屋では同じ空間でもその季節に合った雰囲気が作れて気分も変わります。

分かりやすい例でいうと、布団のシーツを変えるイメージです。

続きを読む

春夏オススメ!シンプルで爽やかなインテリアコーデを集めました!

夏の爽やかなインテリア特集

夏の爽やかな気分にしてくれるインテリアを集めました。

初夏の爽やかな雰囲気、新緑を感じられるカラーなど、シンプルさ爽やかさを中心にしたインテリアのコーディネートを集めました。

春夏の模様替えを考えている方や、これから家具を買おうと思っている方は参考にしてみてください。

続きを読む

お部屋を広く見せるローソファーのインテリア例

フロアカウチソファ 3P スエードタイプ

ローソファーでお部屋を広く見せるリビングの作り方

リビングのスペースを広く感じられるようにするなら、ロータイプのソファーを選ぶのもオススメです。

ロータイプのソファーは背が低い分、家具を設置しているという印象が少なくなります。

別の言い方をするなら家具の存在感が強くならないということです。

続きを読む

明るめのフローリングには、濃い目の家具でコントラストをつける

コーナーカウチソファのインテリア

淡い色のフローリングには、濃い目の家具でコントラストをつける

ナチュラルな無垢のフローリングなど、明るめの床の色の場合は濃い目の色の家具でメリハリをつけるとバランスのいいインテリアにすることができます。

反対に明るめの床に、同系色の色の家具を設置するとメリハリや締まりはないのですが、同じスペースでも広く感じるインテリアになります。

家具を選ぶときの基準のひとつとして覚えておくと、きっと役に立ちますよ!

続きを読む

一人暮らしの参考に!部屋に置くなら収納力のあるオシャレな北欧風ベッド【インテリア例】

北欧デザインのベッドを中心にした一人暮らしインテリア。
ベッドはスペースを取るので、一人暮らしやスペースが限られている場合、置くのに迷ってしまうと思います。
そんな時は、収納力も兼ね備えてベッドを使うのがオススメ!
このベッドのように高さを調整できるタイプだと、ベッドの下にボックスなどを入れて収納できるので、一人暮らしやスペースが限られたお部屋でも大丈夫!

続きを読む

インテリアの模様替えに!グリーンをプラスした初夏のインテリア例

グリーンをプラスしてインテリアに初夏の雰囲気を

春から夏のインテリアにはグリーンをプラスすると、季節感がプラスされるのでオススメです!
問題は飾り方。
ただ置くだけでも十分いいのですが、シェルフなどを使って普段使いのものと一緒に置くと、使い勝手もよくなって、お部屋の雰囲気も変わります。

続きを読む

かなり使える!特徴的な形のソファを使ってコーディネート【インテリア例】

背もたれがはみ出してしまうような場所でも、こういった形のソファを置くとうまくまとまります。
背もたれの部分は高さがあって壁のようなっているので、はみ出すととっても目立ってしまいますが、座面部分なら位置も低く、床と同じ横向きなのではみ出した部分が目立ちません。

続きを読む

無駄なものは置かないシンプルライフ!一人暮らしのインテリア

ローテーブル

一人暮らしのシンプルなインテリア

シンプルにソファとテーブルだけで作られた一人暮らしのインテリア。
ただシンプルなだけではなく、形がしっかりデザインされたローテーブルはやはり空間を引き締めてくれます。

シンプルなインテリアは統一感を意識する

シンプルなインテリアを作るときに心がけたいのが、「統一感」です。
例えばビンテージのインテリアを作る場合は、デザイン性がビンテージで統一されているのでさほど難しくはありません。
しかし、「シンプル」というすこしぼんやりとした方向性なので、ピントを合わせる必要があります。
例えば無印良品の家具で揃えるといったのもいいですね!

安っぽくならないように「統一感」を意識すると素敵なお部屋に仕上がります。

続きを読む

爽やかインテリアのコツはソファの使い方!失敗しないソファ6選!

ロータイプカウチソファ

爽やかなお部屋作りはブルーやネイビーのソファで

爽やかなインテリアにしようと思った場合にはブルーやネイビー系のカラーを使うのがおススメです!
これは、日本のお部屋の多くは基本的に白の壁紙を使っている場合が多いからなんです。
白とブルーの組み合わせは洋服などでも相性がよく、爽やかな印象を与えてくれます。

続きを読む

だから人気!ソファダイニングが人気の意外な理由

北欧スタイルのダイニング

狭くても作れるカフェのようなソファダイニング

今、ソファをダイニングベンチのように使うリビングダイニングというスタイルが人気です。
限られたスペースにリビングとダイニングが別々にあるのではなく、リビングも兼ねたダイニングスペースをつくるスタイルです。

続きを読む

ダイニングは長く使えるものを!オークの無垢材を使ったテーブルのダイニングスタイル

オーク無垢材ダイニング

長く使える160cmサイズの無垢ダイニング

ダイニングテーブルは一度買ったらそう買い換えるものではありません。
毎日必ず利用するものなので安さを優先して揃えてしまうと、買い換えるほうが逆に高くついてしまう場合も多いです。
そのため、長く使えるものを揃えるほうがいいです。

総無垢のテーブルというのは、木そのままのテーブル。天板はもちろん脚の部分やその他の箇所まで全てが木で作られています。ずっしりとした迫力があるのも魅力の一つです。

続きを読む

【オシャレなだけじゃない】リクライニングできる実用性抜群のデザイナーズソファ

天然木フレームデザイナーズソファ

天然木がしっかり支えるデザイナーズソファ

パインの天然木のフレームがインテリアに映えるウッドフレームソファ。
ソファやチェアはただ座るだけという目的以外に、アートとしての側面も持っています。
どの角度から見ても美しいデザイナーズソファは、壁際に配置しても、お部屋の中央に置いても美しいリビングになります。

続きを読む

自由自在のリクライニングソファが作る一人暮らしのお気に入りスペース

リクライニング自由自在のソファでとことんくつろぐ

落ち着いたカラーの北欧テイストのソファは、日本のインテリアにもとっても馴染みやすいので取り入れやすいソファ。
ソファはただ座るだけじゃなく、寝転がったり態勢を変えて雑誌を読んだりなど、使いかたはとっても様々です。
例えばこのソファのように背もたれや肘掛けがリクライニングできると、足を思いっきり伸ばせたり、姿勢を好きな角度で調節できたりなどできて、とっても便利。

続きを読む

横幅100cm★女子のカワイイ部屋づくりに役立つ、一人暮らし用のコンパクトな2人掛けソファ

新生活の一人暮らしで重宝するのがコンパクトなソファ。
1人暮らしだからといって一人掛けのソファがいいというわけではありません。一番使い勝手がいいのが2人掛けのソファです。
中でもこのソファの場合、無駄に大きくないシンプルなデザインと、横幅100cmというコンパクトさが一人暮らしにピッタリです!
ソファを置く場合、季節によってラグを敷くのがオススメ!あるのとないのとでは全然違います!

続きを読む

参考にしたい!優しいカラーで作る北欧の素敵なダイニング【ダイニングインテリア】

お部屋の壁がブルーや明るいネイビーの場合、白を合わせると爽やかな印象になります。
木製家具本体のブラウンも加わると、自然の色合いになって落ち着きを感じやすい雰囲気にすることができます。

インテリアでの色使いのポイントは、優しい色味のカラーにすることです。
色味が強いと落ち着きがなくなってしまうので、グリーンやブルーも淡い色のものを意識するのがおススメです。

続きを読む

省スペースにぴったり!ソファを使った素敵なリビングダイニングスタイル【ダイニングインテリア】

ソファダイニングは最近人気のインテリアスタイルです。
レストランを想像してもらえるとわかりますが、ソファのリラックスした座り心地のまま、ダイニングテーブルを囲うことができるおススメのスタイルです。

見た目もステキですが、ダイニングとリビングが兼用で使えるので小さなスペースを有効的に活用できます。ダイニングテーブルとソファを別々に買うのもいいですが、リビングとダイニングの境目をなくしてくつろぎの空間を作るのも素敵です。

続きを読む

シンプル女子のための、2人掛けソファとラグの北欧風インテリア

少し広めのワンルームやリビングに合う、二人掛けソファを配置したシンプルなリビング例。
フローリングだけだと殺風景になってしまいますが、優しいブラウンの色合いがあるのでリラックスできるお部屋になっています。

床が濃い色の場合は、少し明るめのラグを敷くとカジュアルな居心地のいい雰囲気になりますよ。

続きを読む

木製家具とネイビーを組み合わせれば作りやすい!北欧インテリアの作りかた【北欧インテリア】

ネイビーのソファと木製家具を組み合わせた北欧スタイルなインテリア。
木製のテーブルは継脚で高さ調節ができるので、ローテーブルにしたりどんなスタイルにもマッチします。
木製の家具とネイビー系のソファは相性が良く、日本のお部屋に多いフローリングに白の壁でもとってもオシャレになります。
アクセントポイントとして、お好きなラグを敷くと殺風景さがなくなって、さらに雰囲気が良くなりますよ。

続きを読む

木製のローテーブルと女子らしいカラーのソファで作るオシャレリビング【インテリア例】

040601416_g_024_m_m24t-kj

迫力のある無垢パイン材を使用したテーブルが可愛いルームインテリア事例。
このテーブル、脚の部分が継ぎ足されています。
この継ぎ足しを外すと冬はこたつテーブルになる一台二役のテーブルです。

ソファも人気の木肘タイプで木の温かな雰囲気が感じられます。
女性っぽいカラーリングで、一人暮らしなどにぴったりのインテリア事例です。

続きを読む

ただ寝るだけじゃない!男の一人暮らしにピッタリなスタイリッシュフロアベッド【インテリア例】

ベッドは「ただ寝るだけ」で使うものではありません。
特に一人暮らしの場合などは、ベッドがお部屋に与える印象はとても大きいです。
なので、一人暮らしでベッドを考えている場合には、ぜひ検討してみましょう。
ベッド下の収納はありませんが、通常のベッドを使ったときと比べてお部屋の印象が違いますよ。

続きを読む

ネイビーとグリーンで作る北欧風のリビングインテリア【インテリア例】

明るいお部屋には青系のソファを置くと白とブルーの爽やかなコーディネートになります。
あまり明るい青色は落ち着きがなくなってしまうので、ネイビーの深い青を使うと落ち着きのあるインテリアになります。
落ち着きのある雰囲気にラグの色も大事です。
有彩色でも少しくすんだような色味を使うと落ち着きを保ったまま素敵なインテリアになりますよ。

続きを読む

ベンチを使えば小さなダイニングスペースが広く使えて素敵になる!【インテリア例】

小さなダイニングスペースでも使えるベンチタイプのダイニング。
ベンチの最大のメリットは使わないときにはテーブルの下に収納しておけるというところなんです。
スペースを有効的に活用できて見た目もオシャレになります。
十分なダイニングスペースがなくても、ベンチを使用することで、オシャレで使い勝手のいいダイニングスペースになりますよ。

続きを読む

オシャレな部屋を作るならロータイプのベッドでお部屋を広く見せる【インテリア例】

圧迫感のないローベッドは、スッキリとしたシンプルなお部屋を考えている人にはぴったりのベッドです。ベッドを置いても天井までの高さがしっかりとあるのでベッドを置いているという感じがしないぐらい広々と感じます。
ベッド下の収納などを求めている人には不向きなのですが、何と言ってもこの低いシルエットがお部屋をスタイリッシュに見せてくれます。
シンプル、洗練感などを求めている場合にはローベッドを置いてみると希望通りのお部屋に近づきやすくなりますよ。

続きを読む

一人暮らしで使えるローベッドを使うお部屋コーディネート【インテリア例】

インテリアを考える時、高さが低い家具を使うとお部屋を広く見せれる効果があります。
一人暮らしでもソファを置かずベッドだけという方も多いと思います。
ベッドだけ置いて様になるのがスタイリッシュなロータイプのベッドです。
ベッドの上でお茶したり、本を読んだりと、ベッドを使ってオシャレなライフスタイルを作れますよ。

続きを読む

幅100cmのコンパクトソファでできる!素敵な一人暮らしのインテリア【インテリア例】

ソファがコンパクトなら一人暮らしのお部屋もスッキリ

幅100cmのコンパクトなソファは、一人暮らしのリビングに置いても邪魔にならず使えます。
特徴がないのが特徴ともいえるソファで、作りやすいシンプルなコーディネートをしてみるのもオススメです!

ソファがあると、ラグやカーペットを敷くだけでお部屋のバランスが取れるようになって、居心地のいいお部屋作りがしやすくなりますよ。

続きを読む

リビングを品良くカジュアルに作るならベージュやブラウン系がオススメ【インテリア例】

品良くカジュアルに仕上げるブラウン系のインテリアコーデ

ベージュや茶色などのブラウン系の色でお部屋を作ると、程よくカジュアル感を出すことができます。
反対に黒や白などのカラーは、洗練された印象でピンと張った空間を作ります。

オシャレなインテリアにしたいけど、生活感のないお部屋は苦手という方は、ソファやラグにブラウン系のアイテムを選ぶとちょうど良いバランスでお部屋を作ることができますよ。

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ