一人暮らしに絶対役立つ!小さなお部屋のインテリアコーディネートテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スペースが大きくないと素敵なインテリアにならないかというと決してそういうことはありません。
小さなスペースでもオシャレで快適に暮らす方法はあります。
特に一人暮らしをするときは、限られた部屋を自分の大好きな空間にできるのでインテリアづくりがとっても楽しくなります。
そこで今回はお部屋を自分の思い通りに作れるように、ワンルームのお部屋コーディネートをご紹介します。

面を取るインテリアは雰囲気を大きく左右する

お部屋の面を構成するものとして、床、壁、ドアなどがあります。
これらは面積が大きいので、お部屋の全体的な雰囲気を決定づける大事な要素になってきます。
ですので希望のインテリアを作る時は、あえて具体的にしないでそのお部屋に合ったコーディネートをいかに上手に作るかというのが、オシャレなお部屋づくりをする時の大事なポイントになってきます。

例えば典型的な和室の部屋の場合、北欧風にしようと思うと、インテリア作りが結構ヘヴィーになってきます。
それよりも、和風を利用してモダンな雰囲気に仕上げたほうがずっとオシャレになります。
具体的にお部屋の例をあげてご紹介していきます。

和室の場合はカーペットで雰囲気を変えよう

畳の雰囲気を消したいという方には、カーペットを敷くのがオススメです!
カラーも好きに選べるしお部屋の雰囲気が一気に変わります。
あまり色味の強い有彩色を選ぶと失敗しやすいので、モノトーンにするかブラウン系の落ち着きのある色を選ぶと他の家具とのバランスが取りやすくなります。


出典 https://roomclip.jp

和風のお部屋の場合、一番簡単にオシャレに作れるのがモダンテイストのインテリアです。
カリモク風のデザインソファはレトロモダンな雰囲気を作るのにぴったりです。
これはメインの部分だけラグを敷いた例ですが、畳のお部屋がモダンな雰囲気に近づけやすくなります。
カーペットは面で雰囲気を作れるので、畳のお部屋の感じをガラッと変えられますよ。

参考アイテム

カリモク風アンティークソファ

 

カーテン選びも大切


出典 https://roomclip.jp

市販のカーテンでも十分ですが、ちょっと工夫して好きな生地で作るとアジアンテイストになったり、カワイイレトロモダンな雰囲気を作れます。
ファブリックで作るカーテンは、突っ張り棒を使えば比較的簡単にできるのでおススメです!

カリモク風フェイクレザーの2人掛けアンティークソファ

ミックスシャギーラグ

ベッドでお部屋の雰囲気をつくる

「ベッドを置くとお部屋が狭くなってしまう」という意見も多いのですが、ベッドは使い方次第でとっても活躍してくれます。
その一つが収納です。ベッドの下を収納スペースにすることで一つの空間を有効に活用することができるんです。

高さ調節ができるすのこシングルベッド

高さが調節できるすのこベッドフレーム

ボックスを用意してその中に収納します。
通常のベッドでは高さが調節できませんが、高さ調節が可能なベッドを置けば収納のボリュームに応じて高さを変えられます。
なのでベッドの下を100%有効活用できるようになります。
もちろん、見た目も悪くないので一人暮らしでは重宝しますよ!

見た目が素敵なローベッドを置くと広く見える

高さが低い家具はお部屋を広く見せてくれます。
一人暮らしでローベッドを配置すると、お部屋が広く見えるのに加えて雰囲気がとってもオシャレになります。
ベッドの上で朝食を食べたり本を読んだり、想像するだけでオシャレな感じですよね。

シンプルモダンデザインローベッド
https://build-store.jp/500026876.html

小物でアクセントをつけるとGood!

アクセントと聞いてもピンとこないかもしれませんが、一番簡単なものでいえばクッションです。
白い布団の上にアクセントになるクッションがあるだけで、お部屋が可愛くなります。

たとえばシンプルに飾らない部屋でも、ファーが合ったりするだけでアクセントになってお部屋にメリハリが出てきます。
アクセントは使いすぎるとクドくなるので、1ポイント程度に考えておくようにしましょう。

花や緑を飾ろう

オシャレなインテリアに花や緑は欠かせません。
あるとないでは全然違うので、緑を飾るようにしましょう。
ベッドの脇に大きな植物を飾るのもいいですし、壁掛け棚に小さな緑を置くのもおススメです。

参考アイテム

壁掛け飾り棚 ウォールシェルフ

 

オシャレな雰囲気を作るのにもうひとつおススメなのがドライフラワーです。
自分でも簡単に作ることができるし、壁面のアクセントにぴったりです。

スツールやベンチは使えるアイテム

植物を飾ったり雑誌を置いたり、そのほかちょっと腰掛けたりと、思いのほか使えるのがベンチやスツールです。
しかも見た目がかなりいいので変に台を用意するぐらいなら、ベンチやスツールはおススメです。
植物のは置きたいけどどこに置こうかという方はスツールを使うといいですよ!

収納のとりかたは大事なポイント

収納を完全に全て隠せれば問題ありませんが、普段の私生活の中で片付けているちょっとした収納というのはいつも見えています。この見えている収納はセンスを問われます。
家具選びのように、どう収納するかもインテリアには大きく影響してきますよ。

壁につけられる飾り棚を活用する

先ほどもお少し紹介をしましたが、壁掛け収納は見た目も可愛くなりかなり使えます。
最近は壁に穴を開けなくても、画鋲で取り付けられるものもたくさんあるので、壁に掛けてどんどん片付けていきましょう。

収納自体をオシャレに


https://build-store.jp/base700.html

https://build-store.jp/base350.html

一番使ってはいけないのが安価なカラーボックスです。一見使いやすそうですがお部屋に置くとどうしてもチープな雰囲気になってしまいます。
同じボックスでも木の素材感が出ているボックスを置くとやはり雰囲気が全然違ってきます。
キューブ型のボックスは、使用するシーンを選ばないのですごく使い勝手がいいです。
便利なので何にでも使える万能な収納になりますよ。

水回りはシンプルだけど手を抜かず

食器や調味料などを置くキッチンの収納は最低限のものでもOK。
ただ、収納などはしっかり可愛く片付けましょう。
全部にこだわらなくても、アクセントとしてマグカップや普段使うものをオシャレに片付けてあればいいです。
ちょっとしたワンポイントでいいんですが、それがあるのとないのとでは、全然違ってきますよ。

良品でも返品OK


BUILD STOREへGO!

SNSでもご購読できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ