必ずうまくいく!タイプで選ぶ自分に一番合ったソファーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソファを買おうと思っているけど、一体どんなソファがいいのか全く分からないということはないですか。
頻繁に買うものでもないし、周りの人にオススメを聞いても人それぞれで「うちの場合は…」という答えが返ってくることが多いですよね。
なので、その人の場合は良くても自分に当てはめてみるとちょっとということがあります。

安さを追求したソファや、一生使える高価なソファ、座り心地を何よりも大事にする場合もあれば、やっぱりデザインを一番に考えたいなど様々です。

また、ソファの価格帯はとっても広く、高価なソファや安価なソファといっても、ものすごくバラバラです。
そこで様々な角度から、お部屋一番にあったソファを選べるようにインテリア例をもとにオススメのソファをご紹介します。

 

ソファをインテリア別で紹介する理由

いくらデザインが気に入って、座り心地も気に入ってもそのソファがお部屋とミスマッチになってしまっては意味がありません。
ソファ単体では魅力的でもお部屋に置くと雰囲気が変わります。特にソファはリビングでも目立つ存在なのでお部屋の雰囲気に合ったソファ選びをすることが大切です。

ですので、この3つに分けて見てみようと思います。

人数からソファを選ぶ

お部屋の広さにピッタリなソファを選ぶ

価格別でソファを選ぶ

 

目次

人数からソファを選ぶ

生活する人数が何人ぐらいかで利用するソファは違ってきます。
例えば一人暮らしと子供がいる3人暮らしでは違うのも当然ですよね。
今回は人数別で選ぶソファの種類をご紹介します。

1人~2人暮らしにぴったりのソファ


パッチワーク2人掛けソファ

一人~二人暮らしでも定番なのが2人掛けのソファです。
一人暮らしだから1Pソファということはありません。
二人掛けソファにローテーブルを置くスタイルが一番想像しやすいと思います。
最近人気のパッチワークソファも、モノトーンなら色がうるさくならずに落ち着いたインテリアになります。

 

デニム2人掛けソファ

デニムの生地を使用して作られたデニムソファは少し前から人気があります。
白い壁にインディゴブルーがよく合って爽やかな雰囲気にしてくれます。
カラーのソファを使いたいたいという場合にはおススメです!

 

二人掛けひじ掛けソファ

少し広めのワンルームやリビングに合う、二人掛けソファを配置したシンプルなリビング例。
フローリングだけだと殺風景になってしまいますが、優しいブラウンの色合いがあるのでリラックスできるお部屋になっています。
床が濃い色の場合は、少し明るめのラグを敷くとカジュアルな居心地のいい雰囲気になりますよ。

 

北欧風一人掛けソファ

一人掛けソファのいいところは、ソファに座った時の落ち着きがすごく心地よくなるところです。
一人掛けソファ独特の落ち着きがあります。
二人暮らしでも、1人掛けソファを使うとちょっとおしゃれなリビングになりますよ。

1人掛け木肘ソファ

ベッドサイドに置いたり、壁につけて置くことでお部屋を広くオシャレに見せることができます。
日本のインテリアではなじみのない、インテリアスタイルですが実際に配置してみるとしっくりきますよ。

 

3人~4人暮らしにぴったりのソファ

 


ビンテージスタンダードソファ

3人以上になるとやはり3人掛け以上のソファがあると便利です。

北欧デザイン3人掛けソファ

シンプル・爽やかな3人掛けのソファ。
お部屋を選ばず置ける潔いデザインで人気があります。
北欧風の「インテリアがいいなー」という方は、これを買っておけば大丈夫です。

 

洗える3人掛けカバーリングソファ

カバーリングソファというのはカバーが簡単に取り外しできるソファのことです。
ソファカバーを丸洗いできるので、お子様が汚してしまったり、お菓子の食べかすが気になるといった場合でも洗濯して清潔に保つことができます。

組み換えができるマルチソファ

3人掛けソファでも自由に組み換えができるタイプです。
例えばテーブルを囲んで座りたい時などは、横一列で座るよりもこんな風に移動して座れたほうがいいですよね!
オットマンのような使い方ができる組み換えソファも3人~4人の暮らしにはおススメです。

5人以上の暮らしにぴったりのソファ

 

木肘カウチソファ

大きなソファなどでよく見かけますが、3人掛けソファでカウチタイプのものもあります。
利用人数というよりは、色んな使い方をするようになるのがカウチソファです。

 

ロータイプのカウチソファ

カウチソファはスペースを取ってしまうため、どちらかといえば広いリビング向きのソファです。
スペースを取るということはそのぶん部屋が狭く見えてしまうということにもなります。
そういう時にはロータイプのソファがオススメです。
視界を邪魔しないロータイプのソファは、サイズが大きくてもその場所に馴染むように配置できます。

カウチソファとは??

カウチソファは座面の部分が長く前に伸びていて、ゴロンと横になれるタイプのソファをいいます。
ソファメーカーによってはシェーズロングという場合もありますが、カウチソファという呼び方が広く一般的です。
ホテルの広い部屋やラウンジなどに置かれている場合もあり、座る目的以外に横になりくつろぐことを目的にしたソファです。

コーナーソファとは??

コーナーソファはカウチソファと少し似ていますが、お部屋のコーナーに置くことを目的として作られたソファのことをいいます。
カウチソファとの大きな違いは、ソファをL字に並べて置いたようなデザインになること。
そのためカウチソファのように脚を伸ばすような作りではなく、必ず座って背もたれがあるソファをL字にした形状なのが特徴です。

 

1Pソファと組み合わせて作るリビング

バイキャストPVCレザー1人掛けソファ

アンティークデザイン1人掛けソファ

アンティークデザイン2人掛けソファ

1人掛けソファを組み合わせて作る3人~4人のリビング。
3人~4人の生活には、一人掛けソファや2人掛けソファを組み合わせて作るインテリアもあります。
お互いに向かい合う状態になるので自然と会話も弾みます。

 

一人掛けレトロソファ

二人掛けレトロソファ

三人掛けレトロソファ

同様に1人掛けソファを使った3人〜4人で暮らすリビング例。
1Pソファを組み合わせて作るリビングはカフェのような独特の雰囲気を作れます。

 

お部屋の広さにピッタリなソファを選ぶ

リビングルームのメインファニチャーとも言えるソファ。
そのためリビングの広さを理解し、そのリビングに合ったソファを選ぶようにするのもソファ選びの大事なポイントです。
ここでは使いやすく、かつお部屋のサイズ的にもぴったりなソファをご紹介していきます。
そのためにお部屋の広さ別に合うソファをご紹介していきます。

6畳インテリアにぴったりなのは1人掛けや2人掛けソファ

6畳のお部屋というのは必ずしも一人暮らのワンルームしというわけではありません。
6畳のお部屋が繋がっている場合もあるし、完全に仕切られているお部屋もあって、状況は様々です。
ですが、6畳あればソファを配置して素敵なリビングにすることも可能です。
そこで選ぶべきなのが1人掛け〜2人掛けのソファです。

パッチワーク 一人掛け1Pソファ

一人暮らしにぴったりなサイズのソファといえばやはり1人掛けのソファです。
1人掛けソファは一人暮らし以外にも、広くないお部屋やプライベートスペースなどにもぴったりです。
大きなソファと違って小ぶりなぶん、個性的なソファにしてアクセントして置くのも6畳インテリアを作るテクニックです。
例えばパッチワークのソファで可愛くカジュアルなソファもアクセントになっておすすめです。

モノトーンパッチワーク 一人掛け1Pソファ

パッチワークソファでも明るいカラーを使うと落ち着きが無くなります。
ひと昔前のファストフード店のカラーが赤や黄色なのも、落ち着かないようにしてお客さんの出入りを多くしたいという理由があります。スターバックスの雰囲気はその逆で深い色味のインテリアになっていますよね。
同じパッチワークソファでも、モノトーンのものを選ぶとお部屋にも馴染みやすく落ち着きのあるインテリアを作れますよ。

パッチワーク2人掛けソファ

1人暮らしでも2人暮らしでも使えるのがやはり2人掛けソファです。
カジュアルなパッチワークソファはカジュアルなインテリアを作るのにピッッタリです。
先ほども書いたように、カラーを取り入れる場合には色味に注意した方がいいです。明るい色のソファは落ち着きがなくなってしまうので、カラーでも落ち着いたカラーのソファーを使うようにしましょう。

明るいカラー深みのあるカラーの違いについて

言葉で説明するとイメージがつきにくい色の特徴についてご説明します。
色には明度と言う明るさのレベルがあります。
例えば下の画像を比べた場合、左側の方が明度が高く、右側の方が明度が低い色になります。
青で言うなら、ブルーかネイビーかと言う違いです。

つまり、同じ青でも左の画像のように明るいと、お部屋ではチラチラと目立ってしまって落ち着きがなくなります。
深みのある色やくすんだ色を選ぶようにするとインテリアに馴染みやすいです。

 

ミッドセンチュリーデザインソファ

レトロな雰囲気を感じられる二人掛けソファです。
カフェ風のインテリアにはもちろんレトロモダンな雰囲気が和室洋室を問わずコーディネートしやすいデザインになっています。ネイビーの独特の風合いがレトロな高級感を感じさせてくれる二人掛けソファです。

バイキャストレザーの2人掛けソファ

本革レザーはやはり手入れが大変と言う声は多いです。
展示としての見た目はいいですが、日常使いとなるとメンテナンスを億劫に感じてしまうことがほとんどです。
このソファはバイキャスト加工された合皮レザーを使用したソファです。
見た目は本革と区別がつかないぐらいの仕上がりで、メンテナンス不要。
普段使いにはとっても適したソファです。

大きめのリビング向けのソファコーディネート

スペースに余裕があるならドンと大きめのソファを置くと広い空間が活かされます。
広い空間が活かせるというのは語弊があるかもしれませんが、広い空間に存在感のあるソファを置くことで空間が間延びせず引き締まったようになります。

マルチソファベッド スツールタイプ

ソファとしての機能も備えながらベッドにもなるソファベッドです。
シートがリクライニングのようになるので、広々と寝転がりたいという時でもサッとベッドになってくれます。

このソファは使い勝手もとっても機能的なので、普段使いにかなり重宝します。
収納などはリビングに置いてあるとかなり助かります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ